大湾 ユキ(読み)オオワン ユキ

20世紀日本人名事典の解説

大湾 ユキ
オオワン ユキ

昭和期の箏曲家



生年
明治31(1898)年3月19日

没年
昭和55(1980)年7月3日

出生地
沖縄

経歴
昭和15年琉球古典音楽野村流の箏曲部を独立させて、箏の演奏の組織である興陽会を創設、その初代会長となる。同門の幸地ナヘらと「琉球箏曲工工四」を刊行、普及させた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

大湾 ユキ
オオワン ユキ


職業
箏曲家

専門
琉球箏曲

生年月日
明治31年 3月19日

出生地
沖縄

経歴
昭和15年琉球古典音楽野村流の箏曲部を独立させて、箏の演奏の組織である興陽会を創設、その初代会長となる。同門の幸地ナヘらと「琉球箏曲工工四」を刊行、普及させた。

没年月日
昭和55年 7月3日 (1980年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android