コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大満寺山 だいまんじさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大満寺山
だいまんじさん

島根県隠岐諸島,隠岐の島町の西郷と布施の境にある山。大万寺山とも書き,摩尼山ともいう。標高 608m。摩尼とは玉を意味するサンスクリット語で,山麓にあった玉若酢命 (たまわかすのみこと) 神社の玉の字をとって大満 (たま) と命名したのが山名の由来。玄武岩類からなる溶岩円頂丘 (鐘状火山) で隠岐の最高峰。日本海を航行する船の標識となっている。付近一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大満寺山の言及

【布施[村]】より

…人口514(1995)。隠岐最高峰の大満寺山(608m)をはじめとする急峻な山岳が海岸に迫り,海岸線は屈曲に富む。湾入部の小さな平地に飯美(いいび),卯敷(うずき),布施の3集落が立地する。…

※「大満寺山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大満寺山の関連キーワード隠岐の島(町)布施[村]島後

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大満寺山の関連情報