コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩尼 まに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩尼
まに

サンスクリット語 maṇi音写。球,宝球と訳される。宝石のことで,それのもっている徳が仏法にたとえられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まに【摩尼】

《〈梵〉maṇiの音写。珠・宝・如意(にょい)と訳す》
珠玉の総称。摩尼珠
竜王の脳中から出て、望みをすべてかなえるという珠如意宝珠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まに【摩尼】

mani「珠」「如意」の意〕
玉。神秘的な力をもつ玉。摩尼珠。摩尼宝珠。
竜王あるいは摩竭魚まかつぎよの脳中にあるとも、仏の骨の変化したものともいわれる玉。これを得ればどんな願いもかなうという。如意宝珠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

摩尼の関連キーワードエマニュエル・エドワール シャヴァンヌカンファ(江華)島延暦寺のおもな堂塔円教寺(兵庫県)サンスクリット語兵庫県姫路市書写鳥取県鳥取市覚寺マニ教・摩尼教摩・磨・魔・麻尾道[市]金剛寺境内円教寺境内四十九院豊臣秀吉池田光政宝珠の玉摩尼宝珠金剛證寺摩尼宝殿中国建築

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android