大漁(読み)たいりょう

精選版 日本国語大辞典「大漁」の解説

たい‐りょう ‥レフ【大漁】

〘名〙 (「だいりょう」とも) 漁で、獲物がたくさんとれること。たいぎょ
※諸国風俗問状答(19C前)淡路国風俗問状答「此辨天の当番にあたりし所は、其年村方は五穀能みのり、浦方は大漁あるよし云伝」
※泣き笑ひ(1907)〈国木田独歩〉「成程これはお前にしては大漁(タイレフ)だ」

たい‐ぎょ【大漁】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大漁」の解説

たいりょう【大漁】[書名]

金子みすゞ。大正15年(1926)刊行の「日本童謡集」に収録。昭和40年代、児童文学家の矢崎節夫が本作を読んで感銘を受け、忘れ去られた詩人であったみすゞの研究を開始。今日の再評価のきっかけとなった作品。

たい‐りょう〔‐レフ〕【大漁】

漁で獲物の多いこと。豊漁。たいぎょ。⇔不漁
[補説]作品名別項。→大漁
[類語]豊漁

たい‐ぎょ【大漁】

たいりょう(大漁)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android