コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大畠文治右衛門(初代) おおはた・ぶんじえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

大畠文治右衛門(初代)

生年:生没年不詳
宝暦(1751~64)ごろから文政年間(1818~30)まで長崎勝山町で営業した長崎版画の板元,豊嶋屋の初代。豊嶋屋は天明初年ごろ代が替わり,富嶋屋と改号。4代まで続いたらしいが,優れた作品の多くが初代の時期に板行された。実測図に近く,以後の長崎地図の原型となる『肥州長崎之図』(1764)などの地図類や,鳥瞰図の手法を用いたオランダ・唐人屋敷図,オランダ船などオランダ関係を中心とした一枚絵を板行。長崎版画のあらゆる画題に先鞭をつけた。なお,2代伝吉が板行した『阿蘭陀船図説』は林子平の委託によるものという。<参考文献>樋口弘『長崎浮世絵』

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大畠文治右衛門(初代)の関連キーワードボルテール宝暦怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)フランクリン(Benjamin Franklin)瀬川菊之丞一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android