コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大畠文治右衛門(初代) おおはた・ぶんじえもん

1件 の用語解説(大畠文治右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

大畠文治右衛門(初代)

生年:生没年不詳
宝暦(1751~64)ごろから文政年間(1818~30)まで長崎勝山町で営業した長崎版画の板元,豊嶋屋の初代。豊嶋屋は天明初年ごろ代が替わり,富嶋屋と改号。4代まで続いたらしいが,優れた作品の多くが初代の時期に板行された。実測図に近く,以後の長崎地図の原型となる『肥州長崎之図』(1764)などの地図類や,鳥瞰図の手法を用いたオランダ唐人屋敷図,オランダ船などオランダ関係を中心とした一枚絵を板行。長崎版画のあらゆる画題に先鞭をつけた。なお,2代伝吉が板行した『阿蘭陀船図説』は林子平の委託によるものという。<参考文献>樋口弘『長崎浮世絵

(安永美恵)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大畠文治右衛門(初代)の関連キーワード耒耜絵入り根本鯨史稿天満節とっちりとん古万古鶴岡蘆水富川房信春富士春太夫宮川春水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone