コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石保 おおいし たもつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石保 おおいし-たもつ

1868-1924 明治-大正時代の実業家。
慶応4年1月4日生まれ。牧師から転じて実業界にはいり,韓海漁業,海王漁業を創立。人造麻布の製造に成功して特許をえた。帝国実業貯蓄銀行頭取,東京府会議長などをつとめた。大正13年12月3日死去。57歳。土佐(高知県)出身。明治学院卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大石保

没年:大正13(1924)
生年:明治3(1870)
明治大正時代の実業家。高知県生まれ。明治学院大学神学部卒業後,牧師になるが,転身して韓海漁業会社を創設,また海王漁業会社の重役となる。人造麻布の製造に成功し,漁業の発展に貢献した。帝国実業貯蓄銀行頭取,東京府議会議長としても活躍した。<参考文献>宮本栄作編『大石保君伝及遺稿』

(足立泰紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大石保の関連キーワード戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)高校野球父を売る子フランス映画天野八郎鮎沢伊太夫井上石見

大石保の関連情報