コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石保 おおいし たもつ

2件 の用語解説(大石保の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石保 おおいし-たもつ

1868-1924 明治-大正時代の実業家。
慶応4年1月4日生まれ。牧師から転じて実業界にはいり,韓海漁業,海王漁業を創立。人造麻布の製造に成功して特許をえた。帝国実業貯蓄銀行頭取,東京府会議長などをつとめた。大正13年12月3日死去。57歳。土佐(高知県)出身。明治学院卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大石保

没年:大正13(1924)
生年:明治3(1870)
明治大正時代の実業家。高知県生まれ。明治学院大学神学部卒業後,牧師になるが,転身して韓海漁業会社を創設,また海王漁業会社の重役となる。人造麻布の製造に成功し,漁業の発展に貢献した。帝国実業貯蓄銀行頭取,東京府議会議長としても活躍した。<参考文献>宮本栄作編『大石保君伝及遺稿』

(足立泰紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大石保の関連キーワード赤間嘉之吉秋田半三安楽勇十郎岡烈小山田信蔵護得久朝惟品川弥一十文字大元相馬永胤羽室嘉右衛門

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone