コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石和三郎 おおいし わさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石和三郎 おおいし-わさぶろう

1874-1950 明治-昭和時代前期の気象学者。
明治7年3月生まれ。32年中央気象台にはいり,地磁気,空中電気の観測を担当。44年ドイツのリンデンベル高層気象台に留学。帰国後,大正9年高層気象台が設立されると台長に就任した。昭和25年12月18日死去。76歳。佐賀県出身。帝国大学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大石和三郎の関連キーワード新藤兼人おもなお雇い外国人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android