コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中電気 クウチュウデンキ

百科事典マイペディアの解説

空中電気【くうちゅうでんき】

大気中の電荷,空中電場,大気中を流れる電流などの現象。大気中に正負の電荷が存在するのは,宇宙線や放射性物質の作用,雷雲中の電離,雷(かみなり)放電,細塵(さいじん)や雪片などの帯電により陰陽の帯電微粒子(大気イオンという)が生じるため。
→関連項目イオン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

空中電気の関連キーワードオーギュスト ピカール辰沢 延次郎大石 和三郎スタージャンロモノーソフウィルソン大石和三郎渋江 保大気電気ピカールペルチエ気象台ボルタ稲妻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android