コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中電気 クウチュウデンキ

百科事典マイペディアの解説

空中電気【くうちゅうでんき】

大気中の電荷,空中電場,大気中を流れる電流などの現象。大気中に正負の電荷が存在するのは,宇宙線や放射性物質の作用,雷雲中の電離,雷(かみなり)放電,細塵(さいじん)や雪片などの帯電により陰陽の帯電微粒子(大気イオンという)が生じるため。大気イオンは大イオンと小イオンに分けられ,小イオンの質量は分子程度であり,大イオンは小イオンが霧粒,細塵などに付着したもので質量は小イオンの1万倍程度ある。小イオンは大気の電気伝導度に,大イオンは空間電荷に,それぞれ大きな役割をもつ。
→関連項目イオン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

空中電気の関連キーワードオーギュスト ピカール辰沢 延次郎スタージャン大石 和三郎ロモノーソフウィルソン大石和三郎渋江 保大気電気ピカールペルチエボルタ気象台稲妻

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android