コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

係留気球 ケイリュウキキュウ

百科事典マイペディアの解説

係留気球【けいりゅうききゅう】

ロープなどで一地点につながれ,自由飛行をしない気球。1000m程度までの気象要素の垂直分布観測に使われるほか,小型の広告用アドバルーンがある。また軍用ではかつて弾着観測や偵察,侵入敵航空機の阻止(阻塞(そさい)気球)などを目的としたものが用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

けいりゅうききゅう【係留気球】

綱でつなぎとめ、任意の高さにあげる気球。偵察・観測・信号・防空・広告などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の係留気球の言及

【気球】より

…20~30時間の長時間観測のためには,気球を1.5kmの高度でいったん偏西風に乗せて東方に飛行させ,指令電波の到達限界点でバラストを投棄して30kmの高度に上昇させ,そこでの東風に乗せて戻すという方法がとられる。これらの自由気球のほかに,索で地上につながれる係留気球としてはアドバルーンがよく知られており,重量物を積載するための荷役用係留気球も開発されている。航空【東 昭】
[気球レース]
 気球をスポーツとして楽しむことは,20世紀初めころから行われていた。…

※「係留気球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

係留気球の関連キーワードR. アスマン大石 和三郎カイツーンアスマン気球観測高層大気気象観測観測気球軽航空機ロープ気象台観測機大気気温防空

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

係留気球の関連情報