コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石真虎 おおいし まとら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石真虎 おおいし-まとら

1792-1833 江戸時代後期の画家。
寛政4年生まれ。はじめ張月樵(ちょう-げつしょう)に師事,のち吉川一渓につき仏画を,渡辺周渓大和絵をまなんだ。「百将伝」「神事行灯」「百人一首一夕話」など版本の挿絵をおおくえがいた。天保(てんぽう)4年4月14日死去。42歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は小泉。幼名は門吉。通称は衛門七,良輔。号は鞆舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大石真虎

没年:天保4.4.14(1833.6.1)
生年:寛政4(1792)
江戸後期の復古大和絵派の画家。尾張国名古屋の人。幼名小泉門吉,長じて大石小門太といい,のち衛門七,寿太郎,順平と称した。号は鞆舎。絵をはじめ張月樵に学び,樵谷と号したが,のち田中訥言の門人で尾張の復古大和絵派の画家渡辺清について学んだ。時代考証をつくした歴史画に新境地を開いた。また「百人一首一夕話」(尾崎雅嘉著,天保4年版)などの書物の挿絵も描いている。名古屋大須の真福寺に葬られた。<参考文献>大村西崖編『東洋美術大観』5巻

(榊原悟)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大石真虎の関連キーワードハーシェルブルボン朝マンゾーニファラデー石井庄助ラ・マルセイエーズ雲仙岳噴火・雲仙嶽噴火コシチューシコ州兵ルイ16世

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android