コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大神貫道 おおが つらみち

1件 の用語解説(大神貫道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大神貫道 おおが-つらみち

?-? 江戸時代中期の国学者。
明和-安永(1764-81)ごろの人。摂津東成(ひがしなり)郡(大阪府)の上の宮の神職をつとめ,「幸神秘訣」「神国女訓抄」などをあらわした。姓は山口とも。通称は日向(ひゅうが)。号は竜雷神人。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大神貫道の関連キーワード強制わいせつ罪天理教(てんりきょう)放送権料オクトーバーフェスト内田篤人島根の地域医療国営農地開発事業日進竹の山南部特定土地区画整理事業女子大の歴史姫島村のワークシェアリング

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone