コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大竹雲夢 おおたけ うんむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大竹雲夢 おおたけ-うんむ

1764-1831 江戸時代後期の儒者。
明和元年生まれ。菊池景英に師事。寛政5年常陸(ひたち)水戸藩につかえ,彰考館にはいった。天保(てんぽう)2年死去。68歳。名は親従(ちかより)。字(あざな)は子虚。通称は与五兵衛。著作に「楠参議事蹟考」「皇子伝考書」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大竹雲夢の関連キーワードボルテールレザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和リードザモイスキ浮世絵江戸褄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android