大腸損傷(結腸損傷)(読み)だいちょうそんしょうけっちょうそんしょう(英語表記)Injury of Large Intestine

家庭医学館の解説

だいちょうそんしょうけっちょうそんしょう【大腸損傷(結腸損傷) Injury of Large Intestine】

[どんな病気か]
 小腸損傷(「小腸損傷」)と同じ検査で診断します。
 治療は、損傷を受けた部分を縫合(ほうごう)したり、切除したり、つないだり(吻合(ふんごう))します。損傷を受けた部分の近くに人工肛門(じんこうこうもん)がつくられることもあります。
 大腸からもれ出た腸内細菌腹腔(ふくくう)内が汚されるので、大量の抗生物質療法も必要です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android