コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腸損傷(結腸損傷) だいちょうそんしょうけっちょうそんしょう Injury of Large Intestine

1件 の用語解説(大腸損傷(結腸損傷)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

だいちょうそんしょうけっちょうそんしょう【大腸損傷(結腸損傷) Injury of Large Intestine】

[どんな病気か]
 小腸損傷(「小腸損傷」)と同じ検査で診断します。
 治療は、損傷を受けた部分を縫合(ほうごう)したり、切除したり、つないだり(吻合(ふんごう))します。損傷を受けた部分の近くに人工肛門(じんこうこうもん)がつくられることもあります。
 大腸からもれ出た腸内細菌で腹腔(ふくくう)内が汚されるので、大量の抗生物質療法も必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大腸損傷(結腸損傷)の関連キーワード回腸小腸盲腸小腸移植腸炎腸管腸癌何心地小腸瘤限局性小腸結膜炎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone