コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大腿二頭筋 だいたいにとうきんbiceps femoris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大腿二頭筋
だいたいにとうきん
biceps femoris

大腿の後側 (屈側) にある長い筋肉で,長短2頭から成る。長頭は坐骨から,短頭大腿骨後面から起り,両者合して腓骨上端に終っている。おもな働きは膝の屈曲大腿を後方に引くことで,坐骨神経に支配されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいたい‐にとうきん【大×腿二頭筋】

大腿の後面外側にある大きい屈筋。膝(ひざ)を曲げ、外側方にねじる働きをする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大腿二頭筋の言及

【筋肉】より

…大腿神経の支配を受ける。大腿四頭筋拘縮症
[大腿二頭筋]
 大腿部後面にある長い筋肉で,膝関節を曲げる働きがある。起始は2頭に分かれていて,それを長頭と短頭という。…

※「大腿二頭筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大腿二頭筋の関連キーワードhamstringsふともも大腿筋走る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大腿二頭筋の関連情報