コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大菅南坡 おおすが なんば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大菅南坡 おおすが-なんば

1754-1814 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦4年生まれ。大菅中養父(なかやぶ)の娘婿。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩の野村東皐(とうこう)にまなぶ。寛政11年藩校稽古(けいこ)館の設立とともに教授となった。文化11年11月15日死去。61歳。本姓は石谷(一説に岩泉)。名は集。字(あざな)は翔之。通称は権之丞。別号に蘭沢。号は南波(陂)ともかく。著作に「南陂疏抄」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大菅南坡の関連キーワードブルボン朝アメリカ合衆国史(年表)葛飾北斎ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦フレンチ・アンド・インディアン戦争ルイ黒川亀玉(2代)