コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大菩提会 だいぼだいかい The Mahābodhi Society

2件 の用語解説(大菩提会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大菩提会
だいぼだいかい
The Mahābodhi Society

インドで仏教復興運動を行なっている団体。セイロンダルマパーラが 1890年に釈尊の成道の地ブッダガヤーに設立した。カースト廃止運動と結びついて次第に勢力を伸ばしている。信徒の数はそれほど多くはないが,一般インド人は仏教がヒンドゥー教の一分派であると考えているので,インド政府も大きな催しには公に後援している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいぼだいかい【大菩提会】

スリランカ(セイロン)のダルマパーラにより創立された仏教団体。1815年,イギリスキャンディにあった最後のシンハラ王朝を滅ぼし,スリランカ全土を手中におさめた。以後仏教国スリランカは半世紀以上にわたって,キリスト教徒でなければ就職も出世もできない時代が続いた。しかし73年,仏教とキリスト教の間で行われた有名な〈パーナドゥラ論争〉で仏教側が勝利をおさめたことから,スリランカ仏教は蘇生した。この事件を10歳のときに見たダルマパーラAnagarīka Dharmapāla(1864‐1933)は仏教の復興と普及のために〈大菩提会(マハーボーディ・ソサエティMahābodhi Society)〉を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大菩提会の関連キーワードスリランカセイロンタミル錫蘭セイロン茶セイロン島スリランカの愛と別れダルマパーラ(護法)ダルマパーラ(大菩提会)ダルマパーラ(歴史)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone