コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵善行 おおくらの よしゆき

2件 の用語解説(大蔵善行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵善行 おおくらの-よしゆき

832-? 平安時代前期の儒者,官吏。
天長9年生まれ。貞観(じょうがん)17年から蔵人所につとめ,「顔氏家訓」を講義した。元慶(がんぎょう)7年存問渤海(ぼっかい)客使となる。延喜(えんぎ)元年藤原時平らと「三代実録」を完成させ,「延喜格」「延喜式」の撰定にもかかわった。東宮(とうぐう)学士として86歳で皇太子保明親王に進講した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大蔵善行

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天長9(832)
平安前期の学儒。都良香に学才を賞された人物で,清和天皇の命を受け貞観17(875)年10月から翌年7月まで蔵人所に勤めて蔵書を校定する一方,天皇近侍の人々に『顔氏家訓』を講義。のち存問渤海使,大外記として活躍,この間藤原基経,時平,忠平はじめ教授を受けた者は数多く,延喜1(901)年9月,門人代表として時平主催による70の算賀が「城南小石亭」で盛大に行われている。同8年に致仕したが,86歳で毎朝,皇太子保明親王に『漢書』を講義し,87歳で男子を生ませ,90歳でも肉体的な衰えはなかったことから「地仙」と称されたというが,言いえて妙。『三代実録』『延喜格』『延喜式』の編纂にも携わった。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大蔵善行の関連キーワード都良香学才俊士都氏文集県春貞桑原腹赤道今古都在中都貞継望月勘助

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone