コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真済 しんぜい

6件 の用語解説(真済の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真済
しんぜい

[生]延暦19(800)
[没]貞観2(860)
平安時代真言宗の僧。空海の弟子。一般に高雄僧正,紀僧正と称される。空海のあとをうけて高雄山神護寺の第2世となった。また承和3 (836) 年入唐を志したが台風のため断念。のちに東寺の長者となり僧正に進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

真済【しんぜい】

平安時代の真言宗の僧。京都の人。空海(くうかい)の直弟子。832年神護(じんご)寺に入り,空海滅後宮中真言院を主管した。836年入唐(にっとう)を企てたが不成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真済 しんぜい

800-860 平安時代前期の僧。
延暦(えんりゃく)19年生まれ。真言宗。空海に師事し,京都神護寺をつぐ。承和(じょうわ)3年(836)真然(しんぜん)とともに唐(とう)(中国)にわたろうとしたが,台風のため断念。神護寺別当,東寺長者をへて,僧正となる。詩文にすぐれ,空海の「性霊(しょうりょう)集」や「金剛界曼荼羅(まんだら)次第法」(「高雄口訣」)をあんだ。貞観(じょうがん)2年2月25日死去。61歳。京都出身。俗姓は紀。通称は高雄僧正,紀僧正,柿本僧正。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

真済

没年:貞観2.2.25(860.3.21)
生年:延暦19(800)
平安前期の真言宗の僧,空海十大弟子のひとり。京都の出身,紀御園の子。初め儒学を学んだが空海の室に入り,随身して密教を学び,天長1(824)年,25歳の若さで両部の灌頂を受けて伝法阿闍梨となる。その後も高雄山寺(神護寺)で空海より親しく諸秘密儀軌を伝授されたが,それらを自ら編集したものを『高雄口訣』という。天長9年,空海が高野山に隠棲するに当たって高雄山寺を付嘱され,また承和1(834)年空海の命によって宮中真言院を管理する。同3年,真然と共に遣唐船に乗って入唐しようとするが途中台風に遭って果たせず,帰京して高雄に住する。同7年内供奉十禅師,同10年権律師,東寺二長者,同14年律師,東寺一長者。仁明,文徳両天皇の信頼厚く,仁寿1(851)年少僧都,同3年権大僧都に叙せられ,斉衡3(856)年僧正に補せられたが,これは師位を超えるので辞退,ために空海に大僧正が遺贈された。文徳天皇の没とともに高雄に隠棲。世に高雄僧正,紀僧正と称される。詩文に秀で,20年にわたって随身した空海の遺文を編集して『遍照発揮性霊集』10巻とした。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝』,『三代実録』,杲宝『東宝記』,虎関師錬元亨釈書』,『弘法大師弟子譜』

(津田眞一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんぜい【真済】

800‐860(延暦19‐貞観2)
平安時代初期の真言宗の僧。高雄(たかお)僧正,柿本僧正,紀(きの)僧正とも呼ばれた。紀御園の子として京都に生まれた。若くして空海に就いて真言密教を学ぶ。824年(天長1)両部大法を受け,伝法阿闍梨(あじやり)となった。836年(承和3)真然とともに入唐を企てたが暴風のために断念した。40年神護寺に入り,内供奉(ないぐぶ)十禅師,神護寺別当,43年東寺二長者(二長者の初例),47年東寺一長者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真済
しんぜい
(800―860)

平安初期の真言宗の僧。弘法(こうぼう)大師空海十大弟子の一人。左京の紀御園(きのみその)の子。幼時には儒学を学んだが、空海を慕って密教に入り、824年(天長1)伝法大阿闍梨(だいあじゃり)となる。続いて空海から高雄山寺(たかおさんじ)(神護寺(じんごじ))において事相(じそう)を受け、それを編集したのが『高雄口訣(くけつ)』として現存する。空海が高野山(こうやさん)に隠棲(いんせい)してからは、高雄山寺を預けられた。836年(承和3)には入唐(にっとう)の勅を奉じ、真然(しんぜん)と遣唐船に乗ったが、台風にあって断念した。840年神護寺別当、847年東寺(とうじ)長者となる。856年(斉衡3)には真言宗で初めて僧正となったが、このとき彼は師の空海より階を超えるとして固辞し、むしろ大師に僧正位を請うが、大師に大僧正を贈るということで承諾した。これから高雄僧正とも称せられている。空海の願文・詩文などを集めた『性霊集(しょうりょうしゅう)』は、彼の編集によるものである。[平井宥慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真済の関連キーワード弘法大師瑜伽乗院亮深泰範円明杲隣真境真紹智泉忠延道雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone