コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大蔵能氏 おおくら よしうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大蔵能氏 おおくら-よしうじ

?-? 室町-戦国時代の能役者大鼓方。
はじめ金春座付の大鼓方で,のちに将軍の命により観世座にうつる。観世信光の弟子で,大鼓方大倉流宗家2代。囃子(はやし)方の名手として浅葱(あさぎ)色の調べ緒をゆるされた。享禄(きょうろく)3年(1530)ごろ,90歳ほどで死去したらしい。通称は九郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大蔵能氏の関連キーワード戦国時代室町

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android