大衆国家(読み)たいしゅうこっか(英語表記)mass state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大衆国家
たいしゅうこっか
mass state

19世紀末から 20世紀にかけて現れた大衆社会基盤とする国家産業革命進展による独占資本主義の形成は,人口の多くを雇用者にさせるとともに消費資料の画一化,生活様式の一様化をもたらし,同時にマス・コミュニケーションの拡張によって意識面でも画一化された膨大な大衆を生み出した。教育の普及と労働運動の進展などにより大衆の社会的比重が急激に増大し,19世紀末から普通選挙制がとられ,政治の基盤は「教養と財産のある」市民階級から形式的には社会の底辺にまで拡大された。しかし一方で,政治機構が巨大化し,大衆デモクラシーのにない手である大衆が結局は政治の客体としてパワー・エリートによって操作され,受動化,情緒化することから,いわゆる大衆民主主義空洞化が生じた。ファシズムもそうしたなかから生み出されてきたのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android