コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衆民主主義 タイシュウミンシュシュギ

百科事典マイペディアの解説

大衆民主主義【たいしゅうみんしゅしゅぎ】

普通選挙制を基礎とした民主主義。狭義には,大衆国家における民主主義をいう。市民社会におけるいわゆる古典的民主主義とは異なり,経済的平等や福祉国家への期待が政治的自由の要求を上回る結果,行政権の拡大,政治の個人生活への介入が起こる。他方,大衆的政治運動の噴出によって政治はしばしば安定性を失い,議会や政党政治の機能が減退する。またマスコミを通じた大衆操作などにより,独裁政治が出現しやすい。→大衆社会
→関連項目草の根民主主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大衆民主主義の関連情報