コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西民子 おおにし たみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西民子 おおにし-たみこ

1924-1994 昭和-平成時代の歌人。
大正13年5月8日生まれ。奈良女高師(現奈良女子大)在学中,前川佐美雄の指導をうける。のち木俣修に師事し,昭和28年「形成」の創刊に参加。第1歌集「まぼろしの椅子」で注目され,40年「季冬日々」で短歌研究賞,57年「風水」で迢空(ちょうくう)賞。平成6年1月5日死去。69歳。岩手県出身。本名は菅野(かんの)民子。
【格言など】夢のなかといへども髪をふりみだし人を追ひゐきながく忘れず(「不文の掟」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大西民子の関連キーワード大西 民子前川佐美雄5月8日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android