コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西民子 おおにし たみこ

1件 の用語解説(大西民子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西民子 おおにし-たみこ

1924-1994 昭和-平成時代の歌人。
大正13年5月8日生まれ。奈良女高師(現奈良女子大)在学中,前川佐美雄の指導をうける。のち木俣修に師事し,昭和28年「形成」の創刊に参加。第1歌集「まぼろしの椅子」で注目され,40年「季冬日々」で短歌研究賞,57年「風水」で迢空(ちょうくう)賞。平成6年1月5日死去。69歳。岩手県出身。本名は菅野(かんの)民子。
【格言など】夢のなかといへども髪をふりみだし人を追ひゐきながく忘れず(「不文の掟」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大西民子の関連キーワード池田純義岩田正倉地与年子田井安曇竹内邦雄只野幸雄中野照子細川謙三真鍋美恵子小島なお

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大西民子の関連情報