コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大見又太郎 おおみ またたろう

1件 の用語解説(大見又太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大見又太郎 おおみ-またたろう

1843-1870 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。文久3年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の八幡隊(ばはんたい)隊長となり,禁門の変で重傷を負う。元治(げんじ)2年藩内の守旧派とたたかい,慶応2年幕府軍を芸州口でやぶった。明治3年諸隊の解散に不満をもつ隊士の反乱を鎮圧中,2月9日戦死。28歳。名は則助。号は梅舎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大見又太郎の関連キーワードアメリカ美術製糸業日本科学史小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革有地品之允ウェルニヒ神田松鯉(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone