コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷愍成 おおたに みんじょう

1件 の用語解説(大谷愍成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷愍成 おおたに-みんじょう

1871-1928 明治-大正時代の僧。
明治4年3月17日生まれ。東京の大善寺天徳寺の住職,増上寺執事長をへて,大正13年浄土宗執綱。15年大正大初代理事長となった。昭和3年7月11日死去。58歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。浄土宗専門学院卒。旧姓は原田。号は檀蓮社戒誉忍阿。著作に「普光観智国師」「浄土のみのり」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大谷愍成の関連キーワード廃藩置県治安維持法新教育高田藩北海道開拓仙台(市)稲垣浩松竹(株)戦争文学田畑勝手作許可

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone