コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大善寺 だいぜんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大善寺
だいぜんじ

福岡県南西部,久留米市南西の旧町域,筑邦の一地区。鬼夜の火祭りで知られる玉垂宮 (たまたれぐう) があり,その門前町として発達した。御塚・権現塚古墳があり,国の史跡に指定されている。

大善寺
だいぜんじ

山梨県甲州市にある真言宗智山派の寺。柏尾寺ともいう。行基が創立した古寺と伝えられるが,実際は本尊の『薬師三尊像』のつくられた平安時代中期の造立と考えられる。本堂は弘安9 (1286) 年の建築で,大仏様を交えている点が東国では珍しく,国宝に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だいぜん‐じ【大善寺】

山梨県甲州市にある真言宗智山派の寺。山号は柏尾山。開創は養老2年(718)、開山行基と伝える。国宝の本堂は、後宇多天皇勅願によって再建されたもの。藤切り会式・鳥居焼きの行事が行われる。ぶどう薬師。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大善寺【だいぜんじ】

山梨県甲州市にある真言宗智山派の寺。天平年間(729年―749年)に行基の開創と伝える。源頼朝寺地寄進鎌倉幕府祈願所となる。北条足利・武田各氏の外護を受く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大善寺
だいぜんじ

山梨県甲州(こうしゅう)市勝沼町勝沼(かつぬまちょうかつぬま)にある真言(しんごん)宗智山(ちざん)派の寺。山号は柏尾山(かしおざん)。本尊は薬師如来(にょらい)。「ぶどう薬師」の名で親しまれている。寺伝によれば、718年(養老2)に行基(ぎょうき)によって創建され、聖武(しょうむ)天皇の祈願所となったという。1197年(建久8)源頼朝(よりとも)の寄進で鎌倉幕府の祈祷(きとう)所となる。その後、天災・戦火によってたびたび焼失・再建を重ねたが、江戸時代には寺領三百二石を領した。本堂(薬師堂。国宝)は寄棟造檜皮葺(よせむねづくりひわだぶ)きで、柱に「弘安(こうあん)九」(1286)の刻銘があり、鎌倉時代の代表的建築。本尊の木造薬師三尊像(国重要文化財)は平安後期の作。ほかに源平・足利(あしかが)・武田氏に関する古文書を多く蔵する。客殿前の庭園は池泉観賞式蓬莱(ほうらい)庭園で、県名勝。毎年5月8日に行われる藤切会式(ふじきりえしき)は別名「おやくしさい」といわれ、勇壮な祭りとして名高い。10月1日の鳥居焼もよく知られている。[祖父江章子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大善寺の言及

【関東十八檀林】より

…しかし最後にできた深川霊巌寺は24年(寛永1)の開山であるので,制度としての確立はそれ以降のことである。かくして成立した十八檀林は,開山の年代順に相模鎌倉光明寺,武蔵鴻巣勝願寺(埼玉県鴻巣市),常陸瓜連常福寺(茨城県那珂郡瓜連町),江戸芝増上寺,下総飯沼弘経寺(茨城県水海道市),下総小金東漸寺(千葉県松戸市),上総生実(おゆみ)大巌寺(千葉市),武蔵川越蓮馨寺(埼玉県川越市),武蔵滝山大善寺(東京都八王子市),武蔵岩槻浄国寺(埼玉県岩槻市),常陸江戸崎大念寺(茨城県稲敷郡江戸崎町),上野館林善導寺(群馬県館林市),下総結城弘経寺(茨城県結城市),江戸本所霊山(りようぜん)寺(東京都墨田区),江戸下谷幡随院(東京都小金井市,もと台東区浅草神吉町),江戸小石川伝通院,上野新田大光院(群馬県太田市),江戸深川霊巌寺(東京都江東区)である。学問所としての檀林はやがて幕府の寺院統制下で行政の一端をにない,一,二の変動はあったが宗教行政の中心となった。…

※「大善寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大善寺の関連キーワード福岡県久留米市大善寺町宮本愛知県新城市西入船大善寺玉垂宮の鬼夜御塚六地蔵(仏教)福岡県久留米市山梨県甲州市関東十八檀林滋賀県高島市久留米(市)大谷 愍成十八檀林田中丘隅大谷愍成太田呑竜瑞穂錦衣笠城棟別銭六地蔵理慶尼

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大善寺の関連情報