大贄・大嘗(読み)おおにえ

大辞林 第三版の解説

おおにえ【大贄・大嘗】

〔りっぱな贄の意〕 朝廷または神への貢ぎ物として奉るその地方の産物。 「鮮あざらけき魚の-をもちて…献れり/日本書紀 仁徳訓」 → にえ
大嘗祭おおにえのまつり」に同じ。
「大嘗祭」のときに天皇が神前でとる食事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐にえ おほにへ【大贄・大嘗】

〘名〙
① (大贄) (「贄(にえ)」の敬称。立派な贄の意) 朝廷へ貢物(みつぎもの)として奉る土地の産物。おおなえ。
※古事記(712)中「海人大贄(おほにへ)を貢りき」
書紀(720)仁徳即位前(前田本訓)「時に海人(あま)有り。鮮魚(あざらけきいを)の苞苴(オホニヘ)(も)ちて菟道宮に献れり」
② (大嘗) 「おおにえ(大嘗)の祭」の略。
※書紀(720)天武二年一二月(北野本所引日本紀私記訓)「大嘗(オホニヘ)に侍奉(はべ)る中臣・忌部及び神官(かむつかさ)の人等」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android