コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大迫貞清 おおさこ さだきよ

2件 の用語解説(大迫貞清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大迫貞清 おおさこ-さだきよ

1825-1896 明治時代の官僚。
文政8年5月7日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。維新後,鹿児島藩権(ごんの)大参事,静岡県令などをへて,明治16年警視総監となる。のち元老院議官,沖縄県令,鹿児島県知事を歴任。貴族院議員。明治29年4月27日死去。72歳。本姓は山之内。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大迫貞清

没年:明治29.4.27(1896)
生年:文政8.5.7(1825.6.22)
幕末の薩摩藩士,明治期の官僚。鹿児島の城下生まれ。大迫貞邦の養子。通称は喜左衛門。慶応3(1867)年12月,薩摩遊撃隊を率い筑前太宰府の五卿を迎えた。翌4年1月,鳥羽・伏見の戦に奮闘,東山道先鋒総督の本営付として白河口の戦に奮戦して負傷。明治2(1869)年鹿児島藩参政,翌年権大参事。5年,陸軍少佐,次いで中佐。しかし7年,静岡県権令に転じ9年同県令,16年末まで勤め,同年警視総監。次いで元老院議官,19年に沖縄県令,同年沖縄県知事,20年4月,再度元老院議官。同年5月,勲功により子爵。また,25~27年,鹿児島県知事。27年,錦鶏間祗候。23~29年,貴族院議員。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大迫貞清の関連キーワード伊地知正治伊集院兼寛高崎五六児玉源之丞鹿児島古薩摩市来四郎岡野新助中島健彦新納軍八

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone