コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道久之 おおみち ひさゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大道久之 おおみち-ひさゆき

1863-1929 明治-昭和時代前期の神職。
文久3年生まれ。幼少より雅楽をおさめ,13歳で宮内省式部寮伶員(楽人)となり,四天王寺舞楽再興にかかわる。17歳で大阪の天満宮の社家大道家の婿養子となり,以後50年にわたって同神社に奉仕した。昭和4年4月17日死去。67歳。京都出身。旧姓堀川

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大道久之の関連キーワード神職

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android