コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道珠貴 ダイドウタマキ

2件 の用語解説(大道珠貴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいどう‐たまき〔ダイダウ‐〕【大道珠貴】

[1966~ ]小説家。福岡の生まれ。アルバイト生活を経て、ラジオドラマの脚本を執筆するかたわら小説を書き始める。「しょっぱいドライブ」で芥川賞受賞。他に「」「背く子」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大道珠貴 だいどう-たまき

1966- 平成時代の小説家。
昭和41年4月10日生まれ。テレビドラマの脚本を執筆するかたわら小説をかき,平成12年「裸」で九州芸術祭文学賞。15年4度目の候補作「しょっぱいドライブ」が芥川賞にえらばれる。17年「傷口にはウォッカ」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。福岡県出身。福岡中央高卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大道珠貴の関連キーワードニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還袴田事件植村直己小川紳介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大道珠貴の関連情報