コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道珠貴 ダイドウタマキ

2件 の用語解説(大道珠貴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だいどう‐たまき〔ダイダウ‐〕【大道珠貴】

[1966~ ]小説家。福岡の生まれ。アルバイト生活を経て、ラジオドラマの脚本を執筆するかたわら小説を書き始める。「しょっぱいドライブ」で芥川賞受賞。他に「」「背く子」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大道珠貴 だいどう-たまき

1966- 平成時代の小説家。
昭和41年4月10日生まれ。テレビドラマの脚本を執筆するかたわら小説をかき,平成12年「裸」で九州芸術祭文学賞。15年4度目の候補作「しょっぱいドライブ」が芥川賞にえらばれる。17年「傷口にはウォッカ」でBunkamura ドゥ マゴ文学賞。福岡県出身。福岡中央高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大道珠貴の関連キーワード赤江瀑絲山秋子新橋遊吉千葉治平三田誠広宮原昭夫垣根涼介野沢純横関大今村夏子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大道珠貴の関連情報