コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ハダカ

5件 の用語解説(裸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はだか【裸】

身に衣類を着けていないこと。また、そのからだ。「上半身になる」 夏》
覆いや飾りがなく、むき出しであること。「心付けをで渡す」
包み隠しのないこと。「のつきあい」
財産・所持品などが全くないこと。無一物。無一文。「事業に失敗してになる」
[補説]書名別項。→

ら【裸】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]はだか
〈ラ〉衣服をつけず肌をむきだしにする。はだか。むきだし。「裸眼裸出裸体裸婦裸子植物全裸半裸赤裸裸
〈はだか〉「裸馬裸一貫丸裸
[難読]裸足(はだし)

はだか【裸】[書名]

大道珠貴短編小説。平成11年度(1999)の第30回九州芸術祭文学賞にて最優秀作品賞を受賞し、平成12年(2000)「文学界」誌に掲載。同作を表題作とする小説集は平成14年(2002)刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はだか【裸】

肌をあらわにむき出す意の〈はだあか(肌赤,膚明)〉がつまった〈はだか〉は,衣服を身につけない状態のことをいう。D.モリスは,人は他の霊長類や哺乳類のような毛皮がない〈裸のサルnaked ape〉であるというが,毛皮の代りに衣服をまとって寒を避け,危険を防ぎ,身を飾る。太古の人類には衣服がなかったが,現在もアフリカアジア熱帯地方には裸体で生活する民族がいる。ギリシア語ギュムノスgymnosは〈裸の〉という形容詞で,英語のgymnosperm(裸子植物)などに今も残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はだか【裸】

衣服を着けていないこと。 [季] 夏。 「着物を脱いで-になる」
おおうものがないこと。むきだしの状態。 「お札を-で出す」 「 -電球」
財産や持ち物が全くないこと。無一物。 「 -になって出直す」
隠し事の全くないこと。 「 -のつきあい」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【ヌーディスト運動】より

…裸体で生きることが真の生き方だと考え実践する人びとの運動。裸体生活を重視する考えは,古代ギリシア・ローマにすでに存在していたが,ヨーロッパにおいて裸体をタブー視したのはキリスト教であった。…

【裸祭】より

…参加者が裸形になって行う祭り。裸は生まれたままの清浄無垢な姿とみられたから,神聖な行事を行ったり神と交渉するには最適のものとみられた。…

※「裸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

裸の関連キーワード馬脚を露わす肌脱ぎ肌を合わせる肌を入れる肌を脱ぐ見顕す諸肌を脱ぐ牙を剥く剥き出し剥き出す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裸の関連情報