コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大郡 タイグン

2件 の用語解説(大郡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぐん【大郡】

面積が広く、戸数・人口の多い郡。
古代の郡の等級の一。大化の制では40里の郡。律令制では20里以下16里以上の郡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大郡の言及

【郡】より

…〈こおり〉ともいう。中国の郡県制に淵源し,日本での初見は《日本書紀》大化2年(646)正月条の〈改新之詔〉に〈凡そ郡は四十里をもって大郡とせよ。三十里以下,四里より以上を中郡とし,三里を小郡とせよ〉とあり,このとき郡制が施行されたかのように記されているが,孝徳朝の649年(大化5)に(こおり)制が施行されて以来,7世紀の後半を通じて国の下の行政単位が一貫して評であったことは,金石文や木簡などの当時の史料から確かめられている。…

※「大郡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大郡の関連情報