鯨飲(読み)げいいん

精選版 日本国語大辞典「鯨飲」の解説

げい‐いん【鯨飲】

〘名〙 が水をむように、酒などを短時間に多量に飲むこと。牛飲
※朝野新聞‐明治二六年(1893)九月二七日「鯨飲自ら禁ずる能はず身を害ひ産を破るの」 〔陳慥‐贈龔養正

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鯨飲」の解説

げい‐いん【鯨飲】

[名](スル)鯨が水を飲むように、酒を一時にたくさん飲むこと。牛飲。
「こんなにがぶがぶ―されるとは思っていなかった」〈太宰・親友交歓〉
[類語]がぶ飲み牛飲痛飲暴飲大酒たいしゅ大酒おおざけ深酒ふかざけ飲み過ぎ飲み明かす飲み倒す飲み潰れる酔い潰れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「鯨飲」の解説

【鯨飲】げいいん

くじらのように大飲する。唐・杜甫〔飲中八仙歌〕詩 左相(李適之)日興錢を費やす 飮むこと長鯨百川ふが如し を銜(ふく)み清酒)を樂しみて、濁酒)をくと

字通「鯨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android