コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大里忠一郎 おおさと ただいちろう

2件 の用語解説(大里忠一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大里忠一郎 おおさと-ただいちろう

1835-1898 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)6年8月生まれ。もと信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩士。維新後は製糸業をおこし,明治7年松代に六工社を設立。民間初の蒸気器械を導入して製糸業の発展につとめ,輸出にも貢献した。明治31年6月7日死去。64歳。本姓は相沢。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大里忠一郎

没年:明治31.6.7(1898)
生年:天保6.8(1835)
明治期の長野県の製糸家。信濃国埴科郡西条村(長野市松代町)の旧家相沢家に生まれ,松代藩士大里家の養子となる。士族授産のため製糸業に着目し,官営富岡製糸場を模範として明治7(1874)年に西条村製糸場(六工社)を有志と共に設立した。当初,十分な成果は上がらなかったが,設備改善を進めて優良な生糸を生産しうるようになった。苦労の末,自ら製糸用汽罐を製作して製糸技術の発展にも貢献した。また同13年の生糸直輸出商社同伸会社の設立に参加して直輸出を試みるなどし,機を見るに敏,財理に詳しい人物と評されている。<参考文献>大日本蚕糸会信濃支会編『信濃蚕糸業史』上

(松村敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大里忠一郎の関連キーワード信濃松代信濃路和田英青木甚九郎片倉兼太郎(初代)黒沢鷹次郎佐藤寅太郎長野濬平降旗元太郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone