コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大釜崎 オオカマザキ

デジタル大辞泉の解説

おおかま‐ざき〔おほかま‐〕【大釜崎】

岩手県東部、陸中海岸中部にある岬。船越半島の東南にあり、突端は高さ150メートルの断崖。名の由来は釜の煮えたぎるような海鳴りがすることから。おおかまさき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大釜崎
おおかまざき

岩手県東部の三陸海岸、山田町船越(ふなこし)半島の南東部にある岬。海食崖(がい)上には、海上保安庁大釜崎ロラン局が設置され、北海道落石(おちいし)、茨城県波崎(はさき)の3局ネットワークで、長距離の電波標識となって航空機、船舶の安全航行を確保していたが、現在は廃局。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大釜崎の関連キーワード山田(町)ロラン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android