コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関久五郎 おおぜき きゅうごろう

1件 の用語解説(大関久五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関久五郎 おおぜき-きゅうごろう

1875-1918 明治-大正時代の地理学者。
明治8年生まれ。母校高等師範(のち東京高師)の教授となる。大正元年ドイツに留学。のち文部省視学委員。日本アルプスの地形などを研究した。大正7年11月10日死去。44歳。青森県出身。著作に「日本地理」「中等地図」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大関久五郎の関連キーワード米騒動新聞小説栄典干渉戦争東欧演劇母性保護論争ポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone