コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関五郎 おおぜき ごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関五郎 おおぜき-ごろう

1895-1948 大正-昭和時代の詩人。
明治28年11月24日生まれ。大関俊徳(としのり)の孫。大正10年ごろ詩話会の機関誌「日本詩人」に作品を発表,のち童謡や民謡に転じ,北原白秋らの協賛で昭和6年雑誌「新日本民謡」を刊行。昭和23年8月31日死去。54歳。茨城県出身。東京主計学校卒。詩集に「愛の風景」,民謡集に「煙草(たばこ)のけむり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大関五郎の関連キーワード昭和時代