コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本詩人 にほんしじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本詩人
にほんしじん

詩雑誌。 1921年 10月~26年 11月。 59冊。 17年に結成された詩話会 (詩人団体) の機関誌。『現代詩人選集』の人選問題から北原白秋三木露風日夏耿之介西条八十,堀口大学らの芸術詩派が詩話会から脱退したので,民衆詩派口語詩人たちの拠点と化した。百田 (ももた) 宗治白鳥省吾が中心になり,福士幸次郎福田正夫川路柳虹佐藤惣之助らが活躍。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしじん【日本詩人】

詩誌。1921年10月創刊,26年11月終刊。全59冊。新潮社発行。詩人の大同団結をうたって1917年に結成された詩話会から21年3月に北原白秋,三木露風,日夏耿之介ら芸術派の詩人が脱退し新詩会を結成したが,その分裂後の詩話会の機関誌。白鳥省吾,百田宗治,福士幸次郎,福田正夫,川路柳虹,佐藤惣之助,萩原朔太郎らが交代で編集を担当した。民衆詩派の牙城とも目されたが,会員外の寄稿も求め,新人の発掘につとめるなど詩壇の公器的存在としての役割をはたした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本詩人
にほんしじん

詩雑誌。1921年(大正10)10月創刊、26年11月終刊。全59冊。新潮社発行。詩人の大同団結を目ざして1917年(大正6)11月に結成された詩話会の機関誌で、白鳥省吾(しろとりせいご)、百田宗治(ももたそうじ)、福士幸次郎、福田正夫、川路柳虹(りゅうこう)、佐藤惣之助(そうのすけ)、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らが順次、編集を担当した。全体として民衆詩派系列の印象が強いが、広く各傾向の詩、評論、研究、翻訳その他を集め、先輩詩人を顕彰し、新詩人の紹介に努めるなど、詩壇の公器的存在としての役割を果たした。復刻版『日本詩人』(1970・日本図書センター)がある。[飛高隆夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本詩人の関連キーワード蔵原 伸二郎国木田 虎雄岡田 刀水士大谷 忠一郎森 道之輔坂井 徳三吉塚 勤治正富 汪洋木村 好子河邨文一郎米沢 順子中野 嘉一西条 嫩子川路 柳虹吉川 静夫松村 又一大山 広光平戸 廉吉石川 善助山田 今次

日本詩人の関連情報