コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本詩人 にほんしじん

3件 の用語解説(日本詩人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本詩人
にほんしじん

詩雑誌。 1921年 10月~26年 11月。 59冊。 17年に結成された詩話会 (詩人団体) の機関誌。『現代詩人選集』の人選問題から北原白秋三木露風日夏耿之介西条八十堀口大学らの芸術詩派が詩話会から脱退したので,民衆詩派口語詩人たちの拠点と化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしじん【日本詩人】

詩誌。1921年10月創刊,26年11月終刊。全59冊。新潮社発行。詩人の大同団結をうたって1917年に結成された詩話会から21年3月に北原白秋,三木露風,日夏耿之介ら芸術派の詩人が脱退し新詩会を結成したが,その分裂後の詩話会の機関誌。白鳥省吾百田宗治福士幸次郎福田正夫川路柳虹佐藤惣之助萩原朔太郎らが交代で編集を担当した。民衆詩派の牙城とも目されたが,会員外の寄稿も求め,新人の発掘につとめるなど詩壇の公器的存在としての役割をはたした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本詩人
にほんしじん

詩雑誌。1921年(大正10)10月創刊、26年11月終刊。全59冊。新潮社発行。詩人の大同団結を目ざして1917年(大正6)11月に結成された詩話会の機関誌で、白鳥省吾(しろとりせいご)、百田宗治(ももたそうじ)、福士幸次郎、福田正夫、川路柳虹(りゅうこう)、佐藤惣之助(そうのすけ)、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らが順次、編集を担当した。全体として民衆詩派系列の印象が強いが、広く各傾向の詩、評論、研究、翻訳その他を集め、先輩詩人を顕彰し、新詩人の紹介に努めるなど、詩壇の公器的存在としての役割を果たした。復刻版『日本詩人』(1970・日本図書センター)がある。[飛高隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本詩人の関連キーワード草野心平鮎川信夫川崎長太郎しがらみ草紙秋山清近藤東中桐雅夫中野嘉一中野菊夫プロレタリア科学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本詩人の関連情報