コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関増勤 おおぜき ますとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関増勤 おおぜき-ますとし

1852-1905 幕末-明治時代の大名,華族。
嘉永(かえい)5年1月5日生まれ。丹波山家(やまが)藩(京都府)藩主谷衛滋(もりしげ)の子。大関増裕(ますひろ)の養子となり,慶応4年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家16代。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍としてたたかった。明治5年アメリカに留学。子爵。明治38年8月7日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大関増勤の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ノット(速さの単位)ブンゼンペリー(Matthew Calbraith Perry)ブラザセザンヌ(年譜)竹島(韓国名・独島)問題直言

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android