コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関増裕 おおぜき ますひろ

1件 の用語解説(大関増裕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関増裕 おおぜき-ますひろ

1838*-1868* 幕末の大名。
天保(てんぽう)8年12月9日生まれ。遠江(とおとうみ)横須賀藩主西尾忠善の孫。大関増徳(ますよし)の養子となり,文久元年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽藩主大関家15代。幕府の陸軍奉行,海軍奉行,若年寄を歴任し,軍備増強につとめた。藩政改革にも成果をあげた。慶応3年12月9日死去。31歳。初名は忠裕,忠徳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大関増裕の言及

【陸軍奉行】より

…幕末の江戸幕府陸軍の指揮官。幕府は軍制改革の過程で1862年(文久2)西洋式の陸軍を編成し,その総指揮官として中将に相当する陸軍奉行職を設け,12月1日前講武所奉行大関忠裕(増裕)を任じた。68年(明治1)2月までに延べ10名が任命されたが,当初は空席の時期が多く,1864年(元治1)10月以降は常時1~3名が在任した。場所高5000石,席次は駿府城代の上だが,66年(慶応2)10月以後は若年寄並以上の者が就任した。…

※「大関増裕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大関増裕の関連キーワード稲垣長行岩城隆信久留島通明酒井忠一内藤信民平岡道弘本多助成毛利元周森忠典山内豊福

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone