コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関増栄 おおぜき ますなが

1件 の用語解説(大関増栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関増栄 おおぜき-ますなが

1639-1689* 江戸時代前期の大名。
寛永16年生まれ。大関高増の次男。兄増親の養子となり,寛文2年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家5代。大坂加番,馳走(ちそう)役などをつとめた。元禄(げんろく)元年12月13日死去。50歳。幼名は亀千代。通称は与六郎,主馬。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大関増栄の言及

【黒羽藩】より

…下野国(栃木県)那須郡黒羽に藩庁をおく外様小藩。藩主は大関氏。大関氏は中世以来の北関東の名家那須氏に仕える有力国人層の出自。大関高増・晴増父子は豊臣秀吉の小田原征伐のとき,いちはやく秀吉に参謁し,本領地1万3000石が安堵された。その後,加増・分知の変動があったが,1664年(寛文4)には藩主増栄(ますなが)に1万8000石の朱印状が交付された。藩政の確立は寛文検地を基礎にした増栄の治世期に推進されたが,鹿子畑(かのこばた)左内の登用,65年の金丸・松本・津田ら最有力家臣の黒羽退去,左内の失脚,給人29人の血盟徒党などの混乱が続き,ために兵農分離と石高制の実現,給人地方知行制の廃止は,それからなお20年をまたなければならなかった。…

※「大関増栄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大関増栄の関連キーワード毛利綱広井伊直通上杉綱勝大田原扶清織田長頼織田秀一忠尊前田利英松平信清水谷勝宗

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone