コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関増業 おおぜき ますなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関増業 おおぜき-ますなり

1782-1845 江戸時代後期の大名。
天明2年9月生まれ。伊予(愛媛県)大洲(おおず)藩主加藤泰衑(やすみち)の子。大関増陽(ますはる)の養子となり,文化8年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家11代。藩校何陋(かろう)館を設立し,練武館をひらいた。隠居後,科学,医学などの研究につとめた。弘化(こうか)2年3月19日死去。64歳。名は泰周。編著に「創垂可継」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大関増業の関連キーワード松浦静山大関増儀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android