コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関増業 おおぜき ますなり

1件 の用語解説(大関増業の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関増業 おおぜき-ますなり

1782-1845 江戸時代後期の大名。
天明2年9月生まれ。伊予(愛媛県)大洲(おおず)藩主加藤泰衑(やすみち)の子。大関増陽(ますはる)の養子となり,文化8年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家11代。藩校何陋(かろう)館を設立し,練武館をひらいた。隠居後,科学,医学などの研究につとめた。弘化(こうか)2年3月19日死去。64歳。名は泰周。編著に「創垂可継」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大関増業の関連キーワード三浦誠次相馬樹胤田沼意信土井利謙戸田氏宥永井直方永井尚佐平田三之助前田斉広毛利斉房

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大関増業の関連情報