コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関政増 おおぜき まさます

1件 の用語解説(大関政増の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関政増 おおぜき-まさます

1591-1616 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)19年生まれ。大関晴増(はるます)の長男。叔父大関資増(すけます)の跡をつぎ,慶長10年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家2代となる。大坂の陣では,将軍徳川秀忠の先陣として功績があった。元和(げんな)2年5月30日死去。26歳。通称は平次郎,弥平治。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大関政増の関連キーワード日本のおもな城九戸政実太閤検地本願寺身分統制令興意法親王狭山藩デンマーク文学本多正信坂崎直盛

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone