コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関政増 おおぜき まさます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関政増 おおぜき-まさます

1591-1616 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)19年生まれ。大関晴増(はるます)の長男。叔父大関資増(すけます)の跡をつぎ,慶長10年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)藩主大関家2代となる。大坂の陣では,将軍徳川秀忠の先陣として功績があった。元和(げんな)2年5月30日死去。26歳。通称は平次郎,弥平治。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大関政増の関連キーワード大関高増(2)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android