コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関晴増 おおぜき はるます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関晴増 おおぜき-はるます

1561-1596 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。大関高増の長男。はじめ陸奥(むつ)白河城(福島県)城主結城義親(ゆうき-よしちか)の養子となる。弟の清増が早世したため,天正(てんしょう)15年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)城主となる。のち病のため家督を弟の資増(すけます)にゆずった。文禄(ぶんろく)5年5月8日死去。36歳。初名は知縄。通称は弥七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大関晴増の関連キーワード大関政増

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android