コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関晴増 おおぜき はるます

1件 の用語解説(大関晴増の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関晴増 おおぜき-はるます

1561-1596 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。大関高増の長男。はじめ陸奥(むつ)白河城(福島県)城主結城義親(ゆうき-よしちか)の養子となる。弟の清増が早世したため,天正(てんしょう)15年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)城主となる。のち病のため家督を弟の資増(すけます)にゆずった。文禄(ぶんろく)5年5月8日死去。36歳。初名は知縄。通称は弥七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大関晴増の関連キーワード織豊時代安宅康重宇久競大関清増佐知景則志村資良野呂助三郎原大隅守本庄慶秀正木正康

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone