コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大関晴増 おおぜき はるます

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大関晴増 おおぜき-はるます

1561-1596 織豊時代の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。大関高増の長男。はじめ陸奥(むつ)白河城(福島県)城主結城義親(ゆうき-よしちか)の養子となる。弟の清増が早世したため,天正(てんしょう)15年下野(しもつけ)(栃木県)黒羽(くろばね)城主となる。のち病のため家督を弟の資増(すけます)にゆずった。文禄(ぶんろく)5年5月8日死去。36歳。初名は知縄。通称は弥七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大関晴増の関連キーワード武田信廉山本勘助グレバンボーダンカソボン慶長写本とげぬき地蔵川中島の戦い大阪市営地下鉄

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone