コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大集経 だいじっきょうMahāsaṃnipāta-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大集経
だいじっきょう
Mahāsaṃnipāta-sūtra

大乗経典の一つ。仏が十方仏菩薩を集めて大乗の法を説いたもので,空思想に加えて密教的要素が濃厚である。『高麗大蔵経』では北涼曇無讖などの訳本をまとめて1部 60巻とし,17部に分れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいじっきょう【大集経】

〘仏〙 大乗経典の一。漢訳は部分訳のみであるが、多くは曇無讖どんむしん訳の「大方等だいほうどう大集経」六〇巻をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大集経の関連キーワード宝山寺(中国)大方等大集経げだつ講末法思想大乗経典牛頭法融五五百歳虚空蔵大方漢訳曇鸞

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android