コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大集経 だいじっきょうMahāsaṃnipāta-sūtra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大集経
だいじっきょう
Mahāsaṃnipāta-sūtra

大乗経典の一つ。仏が十方仏菩薩を集めて大乗の法を説いたもので,空思想に加えて密教的要素が濃厚である。『高麗大蔵経』では北涼曇無讖などの訳本をまとめて1部 60巻とし,17部に分れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

だいじっきょう【大集経】

〘仏〙 大乗経典の一。漢訳は部分訳のみであるが、多くは曇無讖どんむしん訳の「大方等だいほうどう大集経」六〇巻をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大集経の関連キーワード宝山寺(中国)大方等大集経げだつ講牛頭法融五五百歳大乗経典末法思想虚空蔵大方漢訳曇鸞

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android