大高菜(おおだかな)

デジタル大辞泉プラスの解説

大高菜(おおだかな)

愛知名古屋市緑区で生産される葉物野菜。同区の大高地区で栽培される、野沢菜に似た漬け菜の一種江戸時代の『尾張名所図絵』にも記述がある。独特の香りとほろ苦い風味がある。餅菜煮物漬物などにして食する。スローフード協会により「味の箱舟」に認定されているほか、県により「あいち伝統野菜」にも選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大高菜[葉茎菜類]
おおだかな

東海地方、愛知県地域ブランド
主に名古屋市緑区で生産されている。江戸時代から栽培されている漬菜の一種。は12月〜1月でとも繊維質が少ないため、やわらかく上品な舌触り。餅菜としての利用だけでなく、漬物・和え物にも向いている。現在は、家庭菜園で栽培される程度の生産量である。あいちの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android