コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大麒麟将能 だいきりん たかよし

1件 の用語解説(大麒麟将能の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大麒麟将能 だいきりん-たかよし

1942-2010 昭和後期-平成時代の力士,親方。
昭和17年6月20日生まれ。二所ノ関部屋に入門し,初土俵は昭和33年5月。37年7月新十両にあがり,38年9月新入幕。41年11月新三役の関脇。45年四股名を麒麟児から大麒麟とかえる。同年11月大関となる。得意技は右四つ,吊り出し,寄り切り。幕内通算成績(58場所)473勝337敗,殊勲賞5回,技能賞4回,金星3。49年引退し,年寄押尾川を襲名。翌年独立して押尾川部屋を設立。のち,理事,審判部長をつとめたが,平成17年部屋を閉じ,翌年協会を退職。平成22年8月4日死去。68歳。佐賀県出身。本名は堤隆能。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大麒麟将能の関連キーワード森毅飯高茂岡庭昇梶木剛鴨武彦清川雪彦栗原蘆水謝名元慶福辻隆中川清司

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone