コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天の河原 アマノカワラ

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐かわら〔‐かはら〕【天の河原】

天の川河原
「霞立つ―に君待つとい行きかへるに裳の裾ぬれぬ」〈・一五二八〉
高天原にある天安河(あまのやすのかわ)の河原。
「ひさかたの―に八百万(やほよろづ)千万神の神集(かむつど)ひ」〈・一六七〉
[補説]地名別項。→天の河原

あまのかわら【天の河原】[地名]

大阪府枚方(ひらかた)市禁野の古称。また、そこを流れる天野川の古称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまのかわら【天の河原】

天上界の河原。高天原たかまのはらの天安河あまのやすのかわの河原。 「ひさかたの-に八百万やおよろず千万神の神集ひ/万葉集 167
天の川の河原。 「ひさ方の-の秋の夕暮/新古今 秋上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天の河原の関連キーワード精げる・白げる行き暮れ立つ波のならで片待つ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android