天の逆鉾(読み)アマノサカホコ

大辞林 第三版の解説

あまのさかほこ【天の逆鉾】

「あまのぬほこ」の後世の呼び名。 「其の土を-に塗りて/釈日本紀」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの【天の】 逆鉾(さかほこ)

① 神代鉾(ほこ)である「あまの(天)瓊矛(ぬほこ)」の後世の呼び名。
※播磨風土記逸文(釈日本紀所載)(1274‐1301)「其の土を天之逆桙に塗りて、神舟の艫舳に建て」
② 男性性器の異称。また、張形(はりかた)の異称。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)二「マア、女夫といふものは、伊弉諾(いざなぎ)、伊弉冉(いざなみ)の尊、あまのさかほこにて御所(みと)の交合(まくばい)なされしより」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる