コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下茶屋の仇討ち(読み)テンガチャヤノアダウチ

デジタル大辞泉の解説

てんがちゃや‐の‐あだうち【天下茶屋の仇討ち】

慶長14年(1609)天下茶屋で起こった仇討ち事件。宇喜田秀家の家臣林重次郎・源三郎兄弟が父のかたき当麻三郎右衛門を追い求め、重次郎は返り討ちとなったが、源三郎が忠僕鵤幸右衛門(いかるがこうえもん)とともに討ち果たした。歌舞伎・浄瑠璃の題材となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんがぢゃやのあだうち【天下茶屋の仇討ち】

天下茶屋であった仇討ち。宇喜多秀家の家臣林重次郎・源三郎兄弟が父玄蕃の敵、当麻三郎右衛門を求めて、兄は返り討ちにあうが、1609年弟が仇を討った。歌舞伎「敵討天下茶屋聚かたきうちてんがぢややむら」などに脚色された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android