天下茶屋の仇討ち(読み)テンガチャヤノアダウチ

デジタル大辞泉の解説

てんがちゃや‐の‐あだうち【天下茶屋の仇討ち】

慶長14年(1609)天下茶屋で起こった仇討ち事件。宇喜田秀家の家臣林重次郎・源三郎兄弟が父のかたき当麻三郎右衛門を追い求め、重次郎は返り討ちとなったが、源三郎が忠僕鵤幸右衛門(いかるがこうえもん)とともに討ち果たした。歌舞伎・浄瑠璃の題材となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんがぢゃやのあだうち【天下茶屋の仇討ち】

天下茶屋であった仇討ち。宇喜多秀家の家臣林重次郎・源三郎兄弟が父玄蕃の敵、当麻三郎右衛門を求めて、兄は返り討ちにあうが、1609年弟が仇を討った。歌舞伎「敵討天下茶屋聚かたきうちてんがぢややむら」などに脚色された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てんがぢゃや【天下茶屋】 の 仇討(あだう)

大坂天下茶屋での仇討ち事件。浮田秀家の家老林玄蕃が、同家中の当麻三郎右衛門に闇討ちにされたので、その子重次郎と源三郎兄弟が敵を探すうち、兄重次郎は返り討ちになり、弟源三郎が忠僕の助力を得て、慶長一四年(一六〇九)に首尾よく仇を討つ。歌舞伎・浄瑠璃の題材となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android