コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下茶屋の仇討ち テンガチャヤノアダウチ

2件 の用語解説(天下茶屋の仇討ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんがちゃや‐の‐あだうち【天下茶屋の仇討ち】

慶長14年(1609)天下茶屋で起こった仇討ち事件。宇喜田秀家の家臣林重次郎・源三郎兄弟が父のかたき当麻三郎右衛門を追い求め、重次郎は返り討ちとなったが、源三郎が忠僕鵤幸右衛門(いかるがこうえもん)とともに討ち果たした。歌舞伎浄瑠璃の題材となった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんがぢゃやのあだうち【天下茶屋の仇討ち】

天下茶屋であった仇討ち。宇喜多秀家の家臣林重次郎・源三郎兄弟が父玄蕃の敵、当麻三郎右衛門を求めて、兄は返り討ちにあうが、1609年弟が仇を討った。歌舞伎「敵討天下茶屋聚かたきうちてんがぢややむら」などに脚色された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

天下茶屋の仇討ちの関連キーワードカブラル徳川氏ラムサール条約島差別平戸オランダ商館琉球王国薩摩藩の琉球侵攻池田光政恨之介和蘭

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone