コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下茶屋 てんがちゃや

4件 の用語解説(天下茶屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天下茶屋
てんがちゃや

大阪市西成区東部の一地区。旧住吉街道に沿い,地名は豊臣秀吉住吉神社参拝の途上,休息した茶屋があったことに由来するといわれる。付近に天神の森 (紹鴎の森) があり,茶人武野紹鴎の寓居地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

天下茶屋
てんがぢゃや

大願成就殿下茶屋聚」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんがちゃや【天下茶屋】

《「てんがぢゃや」「てんかちゃや」とも》大阪市西成区の地名。豊臣秀吉住吉詣での折、この地の茶屋で休息したところからの名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てんがぢゃや【天下茶屋】

〔豊臣秀吉が住吉詣での際に休息した茶屋があったところから〕 大阪市西成区の地名。今宮神社から住吉大社に通ずる道筋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天下茶屋の言及

【定斎屋】より

…和中散にはいろいろの種類があり,これはその一種であったらしい。《守貞漫稿》によると,近世末期には上記梅木と大坂の天下茶屋(現,西成区)にこれをつくる薬屋があり,大坂では夏の間だけ,白木綿の地に濃いねずみ色の小紋を染めたじゅばんを着た男たちが,荷をかついで街を売り歩いた。江戸では赤漆塗に青貝の螺鈿(らでん)で定斎と記した薬だんす二つをてんびんでかつぎ,薬効を誇示するため笠もかぶらずに炎天下を歩いていた。…

※「天下茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天下茶屋の関連キーワード豊臣秀時豊国廟豊臣豊臣家の人々豊臣秀勝(2)織田・豊臣時代豊臣政権豊臣鶴松豊臣秀頼の四天王豊臣機工

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天下茶屋の関連情報